■様々なUFO出現方法
UFOの出現方法は多彩で、とっても楽しいです。
これまでに様々なUFO出現を目撃しています。
一番多い出現手段は、ほとんど真上に突然、星のような(一等星に近い明るさ)感じで現れて、北から南、或は南から北へという感じで飛行して行くパターンです。
飛行機のようにいつまでもその明かりを確認することはできません。
たいがい、ふっと消えてしまいます。
流れ星のように一瞬という早さでもなく、飛行機よりも早い感じ位のスピードです。
この場合、UFOはかなり上空を飛行していますので、もちろん、形、大きさなどは判りません。

UFOの形をはっきりと目撃したこともあります。
その中でも、唯一昼間に目撃したUFOはかなりユニークでした。
真夏のとても目を開けて空を見上げる事のできない昼下がりでした。
かなり長い間、近くの公園で、彼らへ念を飛ばしておりました。
結局、その公園ではUFOを目撃できずに、その帰り道の路上で目撃することになるわけですが、かなりの時間、その姿を見せてくれました。

サングラスがなければ、とても空を見上げ続けることはできなかったでしょう。
大きな幹線道路が交わる交差点で、信号待ちをしながら、しつこくUFOを追い求め、南の空をじっと見つめておりました。
すると、青い空にはっきりと白い物体が近づいてくるのが見えました。
そのUFOらしき物体は南から真っすぐに近づいてきました。
揺れているような動きでした。
私は、信号が変り、信号待ちしていた周りの人々が動き始めたにも関わらず、尚もその場所から動く事なく、そのUFOであろう物体を追い続けました。

その白いUFOのような物体は、よく見ると、二つの層に分かれているように見えました。
極端に言えば、二本の平行した太い白い棒があるかのように…。
そして、その物体は明らかに回転していました。
それも一定方向ではなく、縦横いろいろな回転をしているように見えたのですが…
飛行機の動きとは全く異なります。
UFOのような物体には、もちろん、プロペラもなく、ヘリコプターの回転翼もありません。
光を発していた感じはありませんでした。

そのUFOらしき飛行物体は、音も立てずに、東西に走る幹線道路の上空でほぼ90度の東に方向を変え、飛び去ってゆきました。
かなりゆっくりとした動きでしたが、誰もその物体に気づいた様子はありませんでした。
もちろん、サングラスがなければ、とても空を見上げられる状況ではありませんでしたが…

それと、形の見えたUFOでとても奇妙なものもありました…



■無灯火夜間飛行
UFO TOPへ

ダウジングの不思議♪
最新医療最前線
身体のケア基礎知識
悪徳金融に騙されるな!
開運祈願玉手箱
脳の楽しいお話
もっと温泉ゆく〜

携帯生活お役立ち情報


Copyright
Linklenet Pcanメール配信事務局
携帯生活エンジョイ情報
サイトマップはこちら